DOG WORKS ZERO 

DOG WORKS ZERO広報部長である、零さんとの楽しい日々を書いていきます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
twitter
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
色々近況(ちょっと監修本発売)
 ちょっとだけ監修した本が、先日発売しました。
「きっとね」6/28発売

今日あたり本屋さんにも並んでいると思います。 

内容はシニアドッグについての、介護や看取りの体験談をメインとしながら、それらについての獣医さんとトレーナーとしてのアドバイスをちょいちょいと。
現在シニアドッグと生活をしてる人や、これからそうなっていく人に対して、介護の大変さだけじゃない、楽しみや共に暮らす事の素晴らしさを正確に理解してもらえる内容になってると思います。
よくある老犬介護の大変さなどのマイナス面を取り扱ってる内容の本とは違います。
もちろん絶対的に付随してくる問題としての、「介護疲れ」や「経済的や時間的な負担」「安楽死」などにも触れた上で。

体験者の紹介など、最初から色々協力させてもらったのですが。
みんなで、老犬と暮らし介護する事へ楽しさや明るさが伝わっていければいいなと思って、この本を作る協力をさせてもらいました。

個人的にも老犬になってからの犬の可愛さは本当にたまらないと思う。
よく仔犬の時が一番可愛いという方もいますが、なんかもったいない。
意志の疎通もスムーズで、かなりの言葉も理解してるが、そもそも言葉なんてなくてもお互いの表情で全てを読み取れるような、素晴らしく理想的な関係でいられる。
人間同士じゃまず無理w

まぁこの辺は経験してないとわかりづらいのだろうけど、よくある本だと老犬介護の大変さしか書いてないのが多いと感じますし。
実際に本当に大変だけど。
もっと老犬との生活を楽しんでもいいんですよ〜って、勇気を与えられるような本になってると思います。

後何年かでシニアドッグとの暮らしになるであろう飼い主さん達にも是非読んで欲しいです。

小学館からの出版で、初版数はけっこうあるらしいので、だいたいどこの本屋さんにもあるはず。
良かったら読んでみて下さいね〜。
amazonにはもう出てるみたいです。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%AD%E3%80%82-%E8%99%B9%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%B8%E6%97%85%E7%AB%8B%E3%81%A4%E5%90%9B%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%B8-%E7%AC%B9%E5%B1%B1-%E8%96%AB/dp/4093881782/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1308508773&sr=1-1

よろしくお願いします.

あ、あと正直泣けますよ(笑)


余談ですが、今回の本の監修をさせてもらうにあたって・・・。
ちょうど時期的にお客さんちの犬達もシニアだったり、闘病中だったり。
そこでトレーナーとしての在り方に、すごく考えさせられました。
これからの自分の進むべき方向にまで、影響が出たと思います。
もうちょっと考えがまとまったら、HP上の文章も変えていこうかと考えてます。
DogLifeDesign」さんにて、シニアドッグクラスも企画してます。
難しく考えず色んなプロを呼んだりして、意見を聞けたりの、交流の場にできたらいいな〜と勝手に考えてます。