DOG WORKS ZERO 

DOG WORKS ZERO広報部長である、零さんとの楽しい日々を書いていきます。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
twitter
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
色々近況(ちょっと監修本発売)
 ちょっとだけ監修した本が、先日発売しました。
「きっとね」6/28発売

今日あたり本屋さんにも並んでいると思います。 

内容はシニアドッグについての、介護や看取りの体験談をメインとしながら、それらについての獣医さんとトレーナーとしてのアドバイスをちょいちょいと。
現在シニアドッグと生活をしてる人や、これからそうなっていく人に対して、介護の大変さだけじゃない、楽しみや共に暮らす事の素晴らしさを正確に理解してもらえる内容になってると思います。
よくある老犬介護の大変さなどのマイナス面を取り扱ってる内容の本とは違います。
もちろん絶対的に付随してくる問題としての、「介護疲れ」や「経済的や時間的な負担」「安楽死」などにも触れた上で。

体験者の紹介など、最初から色々協力させてもらったのですが。
みんなで、老犬と暮らし介護する事へ楽しさや明るさが伝わっていければいいなと思って、この本を作る協力をさせてもらいました。

個人的にも老犬になってからの犬の可愛さは本当にたまらないと思う。
よく仔犬の時が一番可愛いという方もいますが、なんかもったいない。
意志の疎通もスムーズで、かなりの言葉も理解してるが、そもそも言葉なんてなくてもお互いの表情で全てを読み取れるような、素晴らしく理想的な関係でいられる。
人間同士じゃまず無理w

まぁこの辺は経験してないとわかりづらいのだろうけど、よくある本だと老犬介護の大変さしか書いてないのが多いと感じますし。
実際に本当に大変だけど。
もっと老犬との生活を楽しんでもいいんですよ〜って、勇気を与えられるような本になってると思います。

後何年かでシニアドッグとの暮らしになるであろう飼い主さん達にも是非読んで欲しいです。

小学館からの出版で、初版数はけっこうあるらしいので、だいたいどこの本屋さんにもあるはず。
良かったら読んでみて下さいね〜。
amazonにはもう出てるみたいです。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%AD%E3%80%82-%E8%99%B9%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%B8%E6%97%85%E7%AB%8B%E3%81%A4%E5%90%9B%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%B8-%E7%AC%B9%E5%B1%B1-%E8%96%AB/dp/4093881782/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1308508773&sr=1-1

よろしくお願いします.

あ、あと正直泣けますよ(笑)


余談ですが、今回の本の監修をさせてもらうにあたって・・・。
ちょうど時期的にお客さんちの犬達もシニアだったり、闘病中だったり。
そこでトレーナーとしての在り方に、すごく考えさせられました。
これからの自分の進むべき方向にまで、影響が出たと思います。
もうちょっと考えがまとまったら、HP上の文章も変えていこうかと考えてます。
DogLifeDesign」さんにて、シニアドッグクラスも企画してます。
難しく考えず色んなプロを呼んだりして、意見を聞けたりの、交流の場にできたらいいな〜と勝手に考えてます。
色々近況(被災地支援)
先日のことですが、また仙台に行ってきました。
今回も先々月に行った、仙台市でも最も被害が大きいと言われる若林地区。
こないだ行った時は、一面ガレキのみ。
車で走るにも、道っていう道が無くて、まともに走れない状態。

今回はその地区に様々な目的を持たせた施設を作るってプロジェクトの応援。
物資やマンパワーなどの支援ってだけじゃなくて、そこから先の復興に必要になるであろう支援。

被災動物の保護はもちろん、新しい移動の手段の提案や、雇用や収入手段の創造、生産物の試作の場などなど。
他には、仮設住宅への入居者への精神的ケアの提案、主に人にも動物にも相互的なセラピーのようなのとか。

他にも色々あるけど、とても素晴らしいプロジェクトだと考えます。

そこで今回も行ってきたのですが、ルートとして。
石巻漁港ー奥松島ー塩釜ー多賀城ー仙台って強行軍
今回も色々してきました。
物資の支援や、最近仮設住宅にペット同行で入居した被災者への訪問などなどしつつ、仙台市若林地区にて被災した民家の補修やヘドロ除去作業。


今回はいわゆる支援作業としての、ハンマーで海水で痛んだ床を壊し、ヘドロで埋まった床下からヘドロを除去をしました。

汗だくになりながらの作業でしたが。
当日初めて会った人たちと一緒の作業。
作業終えての休憩中。

やれて良かったです。
なんかもう言い尽くせないくらいに色々ありましたが、行って良かったです。


本当に行って実際に見てみると、いっぱい思う事はあります。
まだまだな状況です。
継続的な支援はまだまだ必要。
むしろこれからですね。

僕なりの支援活動も、月一くらいだし、いまいち一貫してないですが。
これからも出来る限り続けたいと思います。


あ、今回はこんな感じでした
日々 | 23:25 | - | - | pookmark
色々近況(東京都動物愛護推進委員)
けっこう前の事ですが。
東京都動物愛護推進委員に委嘱されました。


その為に「地域に根ざした動物愛護活動」について論文?を提出したのです。
僕は簡単に言うと「地域清掃活動をしていく事で動物愛護に繋がる」ってな内容で論文?を書いたのですが、それが認められたようです。

何が言いたいかというと・・・。
PARK CLEANを続けていく事で、自分が目指している人と犬の共生について、理想的な社会作りや人間作りに繋がっていくはず!ひいては動物愛護に繋がる!
と、いう事を自分は信じてますよ〜。って事。

これからも東京都と協力して、地域清掃活動に限らず様々な動物愛護についての活動をしていきたいと思います。 
誕生日プレゼント♪
 ゼロさんの誕生日という訳じゃなく、またtou tube上のおもしろ動画です。
ピットブルとボクサーのハーフ犬「Bunk」
2歳の誕生日に大好きな風船割りを好きなだけして良い権利を与えられたそうです。。。

動画を見て一言・・・。
落ち着け(笑)

もう好きすぎるのですね♪
終わった後の表情がたまらない(笑)
理屈抜きで、楽しんだね♪

大好きな行為を思う存分できる誕生日。
こういうプレゼントも面白いですね♪
日々 | 00:37 | - | - | pookmark
石巻動物救護センターへのボランティアレポート
震災後すぐに地元の獣医さん達が立ち上げた、石巻動物救護センターへボランティアに先日行ってきました。

友人のトレーナーが以前に行っていて、現状を聞いているうちに僕にも何かできる事があるかと思い、行ってみたのです。
仲間数人と月曜深夜出発で水曜深夜戻りの強行軍、もちろん寝袋持参の車中泊♪
もう寝袋余裕です(笑)
今回は近くにスーパー銭湯があったから、お風呂に入れただけでもありがたい。


今回僕たちの目的は、センターでの動物達(主に犬)のお世話の手伝いです。
普段僕が個人的にお世話になってるペットサロン「ドギーズハート」さんからのご厚意で、ペットシーツを段ボール大箱も支援物資として持って行きました。
センターでは飼い主の見付からない保護ペット、飼い主が被災して一緒に今は生活できないペット、犬猫その他合わせて約150頭くらい保護されてました。

最初は勝手がわからず、経験者の指示にしたがっての作業ですが、ドッグトレーナーとして少し扱いの難しい犬達のお世話をさせてもらいました。
予想はしていましたが、やっぱり被災して精神的に不安定になってしまってる犬達も多かったですね。
そりゃそうだよな〜とか思いつつ、色んな子達と触れ合ってましたが、みんな良い子達ばかり♪
確かにちょっと対処を間違えば、攻撃的になってしまう子もいましたが、無理せずに接してれば特に問題も無いもんです。

実は予想していたよりも、不安定な動物達の数も少なく、皆楽しそうで安心してる子達の方が圧倒的に多かったですよ。
衛生面でも健康面でも精神面でも、人の手がすごく行き届いてました。
良い意味での驚きです。

センターについて非難している人達もいるとは聞きましたが・・・。
そりゃ状況が状況なので、震災前のようにとはいかないのは当然でしょう。
今ある状況のなかで最善の、出来る限りの事はできているのではないでしょうか。
そして、より良い環境を作ってあげようという想いや動きが常にあるのです。
行ってみて、話してみて、経験してみて初めてわかる事は多々ありますね。
なにより動物達は正直ですよ。
不安な表情をしてる子もまだいますが、ほとんどの子達はこの状況の中でも明るい表情をしています。
獣医師さんやボランティアの皆さんあってこそなんでしょうね。
動物達にとってより良い環境作りの為に、常に答えを全員が探している姿勢は素晴らしいと思います。

ただスタッフ皆がボランティアなので、病気の子達や不安定な子達への対応や情報の引き継ぎが、ちょっと混乱する場合もあり得るので、そこが心配だったかな。
状況的に難しい部分ではあるけど。
そんな中でドッグトレーナーとして。
微々たる事ではありますが、初めてのボランティアの人でも引き継ぎしやすいような状況を、少しは作れたかなと思います。(まぁちょっと行ったくらいで、たいした事は言えませんが)
また行かねば、ですね。


今回も行ってみて良かった。
やはり行って経験してみないとわからない事はいっぱいありますね。
また来月あたり様子見て行ってみたいと思います。


余談ですが。
本当に偶然ですが、今回センターにボランティアに来てる中でジェントルワン札幌メンバーの方がいたのです!
すごい偶然!
嬉しかったので、他のメンバーと一緒に写真を。

初めてでしたが、お会いできて良かったです。
「愛犬の1年での成長を40秒に圧縮した動画」
 だそうですが・・・。
いや〜かわいすぎる!
たまらない!

ほんと犬の1年って早いです!
だからこそ、すごく楽しく充実した1年にしたいですね!

ちなみに関連動画に、彼?(DUNDER)の動画色々ありますよ〜。
日々 | 17:45 | - | - | pookmark
被災地へ行ってみての感想。
 今回、縁あって被災地支援の為に、仙台市へ行ってきました。
日頃からお世話になっている方が、震災以降毎週のように被災地へ支援に行っているのに、同行させてもらったのです。
レポートというか、感想になってしまうのですが。

今回の震災についてですが、自分にできる事ってなにか?とずっと考えてました。
そこでトレーナーとしてのスタンス、個人としての自分の答えは、まずは日常を取り戻す事だと。
人はもちろん、犬達だって、今回の震災で精神的にもかなり疲弊してたからね。
うちのゼロさんはまったく気にもしてなかったけどね(笑)揺れても寝てたし・・・。

震災以前のように、日々を過ごす事。
まずはそれこそが必要だと思います。
その上で、自分のできる事を考え行動するってくらい。
でも何もしなくてもいいのです。
支援の形は様々だしね。
絶対的に、自分の生活や日常を維持するのが一番大事だと思う。

お客さんや知り合いからも、「何かできる事ないかな」と真剣に相談されたりしても、そう伝えてた。
今でもそう思います。
それを前提に。


ただ今回はふと思い立って、被災地へ同行させてもらった。
状況を自分の目で見てみたかったのですね。
それはやっぱりトレーナーとして・・・なのかな。
後は、同行させてもらった人達の考えに賛同できたからです。

do one good project
大袈裟でもなく、同情的でもなく、奇麗事ぶる訳でもなく。
自分達にできる事を、できる限りするという、フラットなスタンス。
なにより人との縁を重要視して、支援の形も様々という事を理解して、色んな可能性を提案できいるのがすごいと思う。
ただの物資支援や炊き出しやレスキューなどのボランティア的発想だけじゃなく(それらを批判してる訳じゃないですよ)、雇用や経済や精神的ケアとか。
そして動物達の持つ力を信じてるんですね。


同行させてもらえて良かったです。
毎週行っている人達だからこそ、人との繋がりができてTVやネットではとてもわからないような話も聞けたり、現状の認識がとてもできました。
動物達の状況も。

顔の見える支援。
友人であるdoggyholicの大西さんとも話してました。
やっぱり顔の見える支援というのは、する側もされる側も感覚が違うと思う。
必要な物資も、表にでないものもあるだろうし、必要としている施設や地域も、人との繋がりを持てるからこそ、より明確になる。
そりゃそうですよね。
知らない人になんでも話せるってそうそうないだろうし。
だからこそ継続的な支援が必要なのですね。
そして喜んでもらえる、笑顔が見れる。
すごく嬉しい事です。


色んな人から色んな話が聞けました。
印象的な言葉もいっぱいありました。
でも被災地状況の詳細描写は、敢えていいかな。
うまく表現できないし。
自分が行った地域は、被災地のほんの一部。
全てを見た訳じゃないし、地域によってまた全然違うだろうし。
たった一度行ったくらいで、どうこう言ってもね。
また機会を作って、行ってみたいと思います。
そしてその都度、報告したいと思います。


どんな絶望的な状況でも、人って強い。犬や猫や動物ってすごい。
笑えるし前を向いていける。力になる。
ちょっとでもいいから、何かの助けになれたらいいなと強く思います。
できる限りでね。


もしこれを読んで、何かしたいと思うなら、声をかけて下さいな。
どんな事でも、ちょっとした事でも、支援はできるんだと思いました。
もちろん日常を維持した上でね。
gentleoneの一員としても、違った形での支援を考え、動いてます。
被災地に行けなくても、自分達の住んでいる地域から、できる事もあるはず。
行政に働きかけたりもしてます。

前向きに考えていきましょう。
無理ないように、負担にならないように。
何もできないとか、自分はなにをやってるんだろうとか、焦って自分を追い詰める必要はありません。
ぼちぼちゆっくり、ゆるくいきましょうね〜。


印象的な情景を。
遊具もなにもかも流されてなくなった公園跡地で、一本だけですごく綺麗に咲いてた桜。
避難所で楽しそうに笑いながら、走り回ってた子供達。
前に進んでるね。
- | 05:55 | - | - | pookmark
リンク編集ついでに
 リンク編集というか、追加してたらお客さんのブログに可愛い動画記事が!

なのでリンクしておきます。
横浜ベイクォーター内の「evol dog cafe」でのクラスに来てくれてる、ポメラニアンのメイちゃんママのブログです。
クラスにハスキーのマックスが遊びにきてくれた時の記事です。
リンク1
リンク2
リンク3

かわゆす♪
日々 | 21:11 | - | - | pookmark